Alternative PHP Cache (APC)について(CentOS)

APC(Alternative PHP Cache)をCentOSに導入!

前回のxampp導入で無事、動作確認がとれましたので今回はLinuxに導入したいと思います。 XamppのAPC導入に関してはこちらをどうぞ! Alternative PHP Cache (APC)について(XAMPP)  

PHPアクセレーターって??

APC(Alternative PHP Cache)はPECL(ピクル)の拡張モジュールです。 PECLとはPHPで利用できる拡張ライブラリ(パッケージ)を提供しているサービス。 PECLで提供されているモジュールはCで記述されているため、PHPで記述されたPEARのライブラリよりも高速に動作すると言われています。 また、PEARライブラリはPHPのバージョンアップに伴う再インストールが原則不要ですが、PECLの拡張モジュールはPHP内部のAPIに依存するため、PHPのバージョンアップに伴いAPIが変更された場合、再コンパイルが必要です。 PECLの拡張モジュールのインストールには、PEARの”pearコマンド”と同様に”peclコマンド”が用意されており、インストール方法もPEARのライブラリと同じようにすることが可能ですが、”インストール後、設定ファイル(php.ini等)にextensionでインストールしたモジュールを指定する必要がある”といった違いがあります。

自分の環境

OS: Linux 2.6.18-308.13.1.el5PAE Apach: Apache/2.2.3 PHP: 5.3.3

APCインストールに必要な部品をインストール

php-pearをインストール ※peclコマンドを使用するのに必要です。 pcre-develをインストール ※pcre-develもインストール。

[root@ns /]# yum -y install php-pear pcre pcre-devel

上記のコマンドで、APCモジュールのインストールを行います。 ずらずらーと文字が出てきて、最後に complete. と出たらインストール成功!!  

 APCモジュールのインストール

peclコマンドを使ってAPCをインストールします。

[root@ns /]# pecl install apc

こちらも、ずらずらーと文字が出てきて最後に complete. と出たらインストール成功!!  

APCのバージョンを確認

pecl list Installed packages, channel pecl.php.net: ========================================= Package Version State APC 3.1.13 beta imagick 3.0.1 stable 上記のような文字が表示されれば、無事インストールされています。  

設定ファイルの修正

無事、インストールされていたらコントロール画面の設定にはいります。 まず、ファイルのコピーをします。 アクセス出来るところに管理画面を導入するので、保存場所は下記の通りにしました。 cp /usr/share/pear/apc.php /var/www/vhosts/●●●.jp/httpdocs/phpapc/apc.php   コピーファイルの編集 vi /var/www/vhosts/●●●.jp/httpdocs/phpapc/apc.php ファイル内の下記内容を変更。 # コンソールの認証を使用しない defaults(‘USE_AUTHENTICATION’,0); # コンソールの認証を使用する場合はユーザー名とパスワードを設定 defaults(‘ADMIN_USERNAME’,’ユーザー名’); defaults(‘ADMIN_PASSWORD’,’パスワード’);   続いてapc.iniという設定ファイルを作成します。 apc.iniの作成 vi /etc/php.d/apc.ini extension=apc.so apc.cache_by_default = On apc.canonicalize = On apc.coredump_unmap = Off apc.enable_cli = On apc.enabled = On apc.file_md5 = Off apc.file_update_protection = 2 ;apc.filters = apc.gc_ttl = 3600 apc.include_once_override = Off apc.lazy_classes = Off apc.lazy_functions = Off apc.max_file_size = 1M ;apc.mmap_file_mask = apc.num_files_hint = 1000 ;apc.preload_path = apc.report_autofilter = Off apc.rfc1867 = Off apc.rfc1867_freq = 0 apc.rfc1867_name = APC_UPLOAD_PROGRESS apc.rfc1867_prefix = upload_ apc.rfc1867_ttl = 3900 apc.serializer = default apc.shm_segments = 1 apc.shm_size = 1024M apc.slam_defense = On apc.stat = On apc.stat_ctime = Off apc.ttl = 3900 apc.use_request_time = On apc.user_entries_hint = 4096 apc.user_ttl = 3900 apc.write_lock = On   その後、Apachを再起動して完了です。 /etc/init.d/httpd restart (再起動方法) phpinofoで設定の確認。下記のように【apc】の項目が表示されればOK!! centOS phpinfo  

参考サイト:

http://www.ci-guide.info/hack/caching/apc/ http://www.webcreator-net.com/tips_memo/server/20120612083050.html  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA