WEBの歴史-2000年代前半⑤

さて、前回(WEBの歴史-2000年代前半④)に引き続き今回もWEBの歴史をまとます。 今回は、2000年⑤です。  

 ●2014年1月14日 chrome V32.0.1700登場

googleChrome サウンド、ウェブカメラ、キャスティングのためのタブインジケータ、データ使用量を50%削減。などなど。  

 ●2014年1月28日 OperaV19 登場

opera      

 ●2014年2月18日 chrome V33.0.1750登場

googleChrome 安定性、セキュリティ向上、バグ修正などなど。  

 ●2014年3月4日 OperaV20 登場

opera  

 ●2014年4月2日 chrome V34.0.1847登場

googleChrome 画像およびプレフィックスなしWeb Audioでの応答。右から左へ記述する言語におけるomniboxでのオートコンプリートのサポートなど。  

 ●2014年5月6日 Opera V21 登場

opera  

 ●2014年5月20日 chromeV35.0.1916登場

googleChrome タッチインプットでの開発者コントロールの追加。新しいJavaScriptの機能などなど。  

 ●2014年6月3日 Opera V22 登場

opera 自動アップデートを搭載  

 ●2014年7月15日 chrome V36.0.1985登場

googleChrome Android版:モバイルに最適化されていないサイトでのテキスト表示の改善 iOS版:Castを有効化したデバイス上でCastをサポートしたモバイルサイトが機能するようになった  

 ●2014年7月22日 Opera V23 登場

opera  

 ●2014年8月26日 chrome V37.0.2062登場

googleChrome Android版:Chromeにサインインすることで、Googleのウェブサイトにもサインインするようになった Windows版:64bit版のサポート。  

 ●2014年9月2日 Opera V24 登場

opera タブプレビュー機能を搭載などなど。  

 ●2014年10月7日 chrome V38.0.2125登場

googleChrome 多くの新しいアプリケーション/拡張機能 API Android 版:バッテリーの状態およびスクリーンの向きのAPIのサポート iOS版:iPhone 6 および6 Plusのサポートの改良  

 ●2014年9月2日 Opera V25 登場

opera    

 ●2014年10月16日 Safari8.0登場

safari  

 ●2014年10月28日 HTML5

html5

ブログや記事向けの「article」要素やマルチメディアのための「audio」および「video」要素などをはじめとした新要素・属性が追加・変更・削除された。 imgとaで使用されるnameという属性は、CSSからのスタイル定義と関連付けるためのものですが、これはidという属性を使うことが推奨されており、HTML5.0では混同を避けるために廃止されています。 XHTML5:現在考案中。  

 ●2014年11月12日 chrome V39.0.2171登場

googleChrome Mac版において64bit版のサポートや多くの新しいアプリケーション/拡張機能 APIなどなど。  

 ●2014年11月20日 chrome V40.0.2214登場

googleChrome     今回もお疲れ様でした。 現在私が調べた結果の内容は以上となります。 どう役立つかは個人次第ですが、こうやってWEBの歴史をたどっていくとバージョンや歴史の背景などが分かりとても楽しいです。 皆様のご参考になれば幸いです。            
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA