[2019年版]windows xamppのphpのバージョンを5.6から7.2に更新

CMS(Drupal(ドルーパル)をローカルサーバー(XAMPP)にインストールしようとしたら、エラーが!!

どうやらローカルサーバー(XAMPP)の中にあるphpのバージョンが古くて、インストールが出来ませんでした。
バージョンなんて気にせず、ずっとほったらかしだったから、この機会に最新バージョンに変更しよう!!

そこで、ローカルサーバー(XAMPP)のphpバージョンを5.6から7.2に変更した際のメモを残します。

現在のphpのバージョンを確認。

環境がWindowsだから、Command Promptを立ち上げて、「php -v」と記入し、エンター。


まずは最新バージョンのphpをダウンロード

最新のphpバージョンはここのページダウンロードhttps://windows.php.net/download
※現時点ではバージョン7.2が最新。

まずは最新バージョンのphpをダウンロード

xamppが起動している場合は必ずストップ。

xamppが起動している場合は必ずストップ。

ダウンロード後、解凍したphpフォルダをxamppフォルダに入れる。

念のため、現在あるxamppにあるphpフォルダをリネームして、バックアップ。代わりに新しくダウンロードしたphpバージョンを配置。

ダウンロード後、解凍したphpフォルダをxamppフォルダに入れる。

最後のxamppを再起動したらOK!!

コンソールパネルで下記コマンドを実行!
phpのバージョンが変わっているのを確認。

phpのバージョン完了確認

アパッチがエラーを掃き出して、起動しない!!

あれっApacheが起動しない。。
…なぜ??

どうやら、 phpファイル書き換えにより、Apacheが起動できなくなってしまったらしい。。

対策

php.iniをコピー作成する。

新しくダウンロードした「php」フォルダにあるxampp\php\php.ini-developmentファイルのファイル名を[php.ini]に変更する。

php.iniファイルの中身を変更

旧phpのphp.iniファイルを参考に 「extension_dir 」を中心に下記画像のように変更する。


拡張モジュールの一覧が記述してある箇所でモジュール名の先頭の「;」を削除または付け加える。
※元のphp5を参考にする。

エラーメッセージをとりあえず「OFF」に。
※元のphp5を参考にする。

http-xampp.conf内のテキストを変更

Apacheの設定ファイル 内の「php5」と言う部分を「php7」に変更

参考サイト:
https://nonbiri.life/web/php/xampp_php/
https://qiita.com/maruyama42/items/2a6af783cf400cbcc216
https://qiita.com/bezeklik/items/72d1ff8393f66673e2bc
https://thk.kanzae.net/net/windows/t5591/
http://chinotsubo.com/upgrade-php-on-xampp-to-71/
http://dim5.net/windows-server/xampp-php-versionup.html

これで完了です。







コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »