山陰に位置するコナンの聖地 2019年に外国人が訪れるべき観光地ランキング 第1位

国内最大級の外国人向け日本情報サイト「ガイジンポット」が「2019年に外国人が訪れるべき観光地ランキング」を発表。なんと、意外にも鳥取県が1位に輝いた。

山陰に位置するコナンの聖地 2019年に外国人が訪れるべき観光地ランキング 第1位

漫画「名探偵コナン」の作者である青山 剛昌さんの出身地でもあり、「ゲゲゲの鬼太郎」でもいう名な鳥取県!
漫画やアニメの“聖地”が多く、特に外国人から評価された。

他にも観光として、断崖にあるため“日本一危険な国宝”と呼ばれる「国宝・投入堂(なげいれどう)」や「大山(だいせん)」、「鳥取砂丘」などの自然での体験型の観光資源が充実しているも評価された。

鳥取砂丘

外国人向け日本情報サイト「ガイジンポット」サイトは主に欧米の外国人を対象に日本の観光情報などを発信しており、月間の閲覧数は延べ約770万回という世界大手サイト。
ちなみに1位は鳥取県ですが、そのほかのランキングは2位は福岡市、3位は東京・代官山だった。
評価基準は、世界の旅行・観光トレンドがどれだけ反映されているかにだ!

鳥取県 投入堂

鳥取県は、鳥取砂丘でのポケモンGoの実施などを積極的に行い、海外旅行客を獲得してきた。

県観光戦略課によると、県の外国人観光客宿泊者数は2015年に年間10万人を超え、今年は9月末時点で12万6210人と、過去最高を記録した昨年の年間14万530人を更新する勢いだとか。

「鳥取の観光資源の可能性を評価され励みになった。最近は唯一無二の体験を重視した観光ニーズが高い。情報発信を強化すると同時に、観光メニューを充実させていきたい」と話している。







コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »